毛深い女性のムダ毛処理 よくする脱毛方法とは?

毛深い女性につきもののムダ毛処理

なんとなく感覚的にムダ毛処理している方が多いと思いますが
みなさんが行っている脱毛方法をまとめてみました!

ムダ毛処理で行っている方法として
主に下記の5つのパターンがあります。

1、カミソリ

2、電気シェーバー

3、毛抜き

4、脱毛剤(脱色剤など)

5、家庭用脱毛器

これらの方法で自宅で脱毛している方が多いです。

順番に脱毛方法について詳しく解説していきます。

<脱毛法その1、カミソリ>

カミソリは、とてもお手軽なので
全身に使用する方が多いですよね。

私もカミソリの愛用者の一人。

使うなら、できるだけ女性用の
カミソリの使用をお勧めしたいと思います。

安くて切れ味の悪いカミソリにあたると、
肌が傷ついてしまうので要注意です。

女性用は女性のムダ毛のために開発されているだけあって、
少し値段は高めですが、曲線にそって
優しく剃ってくれるので、怪我をしにくいです。

楽天なら女性用のカミソリが手ごろな価格で購入できます。

⇒女性用カミソリを楽天でチェック!

 

<脱毛法その2、電気シェーバー>

電気シェーバーは安いものだと500円位で
売っているのを見かけます。

1本はお化粧のポーチに入っている方も多いですね。

剃り残しを発見した際に使用するときにとても便利です。

電気シェーバーは、パナソニックの
フェリエ(フェイス用)がおススメです。

⇒フェリエ フェイス用を楽天でチェック!

肌の凹凸に沿ってヘッドが動くので、
優しくシェービングしてくれます。

脱毛サロンでも使用されているので
実績のあるジェーバーだと思います。

ヘッドが動くため最初は使いにくいかもしれませんが、
鼻の横のムダ毛もきちんと剃ってくれるので
私個人的にもお勧めです。

眉毛のお手入れもできる商品です。

 

<脱毛法その3、毛抜き>

毛抜きは、眉毛を少し抜く時、1本だけ
どうしても生えてくる太い毛に使うなど
用途をごくわずかにしてほしいです。

ムダ毛は抜くと肌のトラブルを招きます。

家庭用の脱毛器でも、抜くタイプはお勧めしません。

抜く行為は、剃ることよりも肌への負担が大きいためです。

肌になるべく負担をかけない毛抜きが
楽天で購入できます。

⇒軽くつまむだけで簡単ムダ毛処理できる毛抜きはこちら!

 

<脱毛法その4、脱毛(除毛)剤>

脱毛(除毛)剤は、一気にムダ毛がなくなり
剃るよりもムダ毛の生えてくる期間が長いため
肌が強い方にはお勧めの脱毛方法だと思います。

ニオイも割ときつい物が多いので、
脱毛剤は一度パッチテストなど
肌に合うかどうかを確認してから使用してください。

1度使うと1週間くらいはムダ毛のない状態になれます。

中学生や高校生の修学旅行前などに
脱毛剤で脱毛していくと、旅行中気にならないので
お薦めの方法です。

剛毛の方でも安心して使える
除毛剤が楽天で買えますよ。

⇒剛毛でも安心の除毛剤はこちら!

 

<脱毛法その5、 家庭用脱毛器>

家庭用脱毛器もいいのですが、
安い脱毛器は壊れやすく肌に負担をかけるものが多いです。

ケノンやトリアなどは家庭用脱毛器の中では
口コミも評判がよく、使い易いようです。

しかし、こちらは、値段がお高いため
簡単に購入できるものでもありません。

しかし、

コストパフォーマンスに優れ、カートリッジ不要、
ジェルやクリームもいらないセンスエピX
家庭用脱毛器の中でも最高クラスです。

>>1年間無料保証付き!センスエピXはこちら!>>

その他に気になったムダ毛処理の方法として
抑毛剤の使用も多く、カミソリなどの自己処理の後に
保湿効果のあるコントロールジェルmeなどが人気のようです。

⇒60日間返金保証 NEWコントロールジェルMEはこちら!

<脱毛方法のまとめ>

毛深いと感じている女性は、
ほぼ毎日にように自己処理が欠かせません。

脱毛方法は、カミソリがメインで毛抜きや
電気ジェーバーを少し活用中の方が多いようです。

毎日のようにムダ毛処理している方は、
肌のトラブルでお悩みの方が多いんです。

正しい脱毛方法を活用し、
肌のトラブルを極力減らしたいですよね。

肌トラブルを解消するために
脱毛サロンに行くことをお勧めしたいのですが、
やはり高額というイメージや勧誘が怖い
という方も多いと思います。

ミュゼTBC銀座カラーなどの大手脱毛サロンだと
自分に合った適切な脱毛プランを
選択することができます。

勧誘もほとんどありません。

キャンペーンを活用するともっと効果的に
脱毛ができるので、お試ししてほしいと思います。

もし興味がある方は参考にしてくださいね!

<ミュゼプラチナム>


<TBC>


<銀座カラー>


 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今年注目の一番人気の脱毛器はこちら!